ヘアサイクルは、成長期、移行期、休止期の3つ

人のヘアサイクルは3つに分けられます。

まず「成長期」、そして「移行期」、最後に「休止期」です。

まず「成長期」についてですが、この期間は通常、2年から6年で早期成長期毛、中期成長期毛、そして後期成長期毛に分けられます。

毛の成長が始まり、毛球が大きくなり毛も太くなり、そして皮下組織に達します。

頭髪の8割から9割は、この成長期にあたります。

成長期が過ぎると、「移行期」になります。

移行期とは、成長期から休止期に移行する過程のことで、この時期に入ると毛根の退化が始まります。

大体2週間くらいにわたりこの症状が起きます。

そして頭髪の0.1割がこの移行期の髪の毛となっています。

そして最後に「休止期」ですが、これは毛根が完全に退化し、脱毛するまでの期間をさします。

この期間は大体3ヶ月続きます。

そして休止期にある髪の毛は頭髪全体の1割前後あります。

休止期の髪の毛は、毛包の長さが、成長期の半分か、三分の一までになり、毛幹は皮膚表面近くまで押し上げられ、そして最後には脱毛してしまいます。

ですから、通常でも髪の毛は伸び続けるわけではなく、成長しては抜け、抜けては成長するというサイクルを繰り返しています。

ですが、薄毛の人はこのサイクルが乱れています。

特に成長期が短いのが薄毛の人の特徴です。

髪の毛は、頭を暑さや寒さから守ったり、障害物から保護したりして、大事な役目がありますから、薄毛の原因を知り、その対策を取ることはとても大切なことといえるでしょう。

薄毛アドバイスサイト